視察報告

視察報告 – 熊本県八代市 –

令和元年8月8日
熊本県八代市へ

 
高齢化が進む本市では、市民のための公共交通は今後益々重要になってきます。交通不便地域から病院等へ向かうため、市民の方々がタクシーを利用している現状を鑑み、乗合タクシーで代用できないか等、市民の皆様のための持続可能な公共交通に向けて、これからも提言等を行っていきたい所存です。
 

(目的)

 
運転免許自主返納や過疎地の交通手段として、乗合タクシーの可能性を模索するとともに、次期のバス再編に向けた提言を行うため先進事例に学び、提言に繋げたい。
 

(内容)

 
・市の公共交通の課題および課題解決に向けた取組について
・地域公共交通再編実施計画の認定について
・乗合タクシーの概要、免許返納者割引について
・コミュニティバスの運行状況および課題について
 

(成果・市の事務等と関連等)

 
路線バスの利用者数の減少により、平成18年度に1億3千万円だった公共交通に係る財政負担が年間2億円を超えたことを受け、平成29年10月の再編が実施された。路線バスの運賃(200円)、乗合タクシーの運賃(150円)の上限均一運賃を設定。路線バスの一部路線を乗合タクシーへ移行する等、運行効率化を図るとともに、交通不便地域の解消に努めたが、財政負担は増加する一方で、利用者の移動ニーズとの食い違いによる利便性の阻害や利用の低迷等、路線バスに関する問題点の解消も実現していない。また、乗合タクシーにおいては、予約運行路線の設定便数が非常に多いにも関わらず利用者が少なく、実際に運行される便数も少ない路線が存在する等、本市のデマンド交通と共通する課題を確認できた。平成17年の合併により市の全面積の約70%が山間地であり、人口集積地域がある一方、山間地は集落が点在しており、八代市の地域公共交通の取組の難しさを学ぶことによって、本市の公共交通の再編時に向けた提言や、乗合タクシー導入可能性を模索できないか、または、タクシーの補助等を行った方が財政負担は少なくて済むのか等を検討するにあたり、とても参考になる地域公共交通の取組であった。
 

熊本県八代市熊本県八代市

視察報告 – 宮崎県都城市 –

令和元年8月7日
宮崎県都城市へ

 
書籍その他のメディア、イベント等を通して、新たな学びや価値を創造するとともに、くつろぎや憩いの場を提供することにより、敦賀駅前のにぎわいと交流の拠点を創出することを目的にした、敦賀市の駅西地区土地活用に係る官民連携事業について、提言等を行っていくため、官民連携事業の成功事例である宮崎県都城市の市立図書館等、中心市街地中核施設を視察させていただきました。
 

(目的)

 
官民連携で来館者見込みを大幅に超えた市立図書館を視察し、敦賀駅西地区の官民連携事業(特に知育啓発施設)の運営等、今後の取組に向けた提言に繋げたい。
 

(内容)

 
・指定管理者との契約内容および運営・管理について
・図書館のデザイン、空間、居心地、カフェの状況について
・マルマルマルシェ等イベント運営と課題について
・図書館と他の施設や、近隣の商店との連携について
 

(成果・市の事務等と関連等)

 
経営破綻した地元資本の商業施設が約1年前にカフェを備えたおしゃれな図書館に生まれ変わった。図書館が入居する複合施設全体の集客は、計画時点の来館者見込みを大幅に上回る200万人である。実際、視察当日も朝9時開館を前に多くの若者が入口付近で待っている状況であった。この図書館を核とする複合施設が、中心市街地中核施設「Mallmall」で、子育て支援施設や保険センター等4施設が入る建物と、年間200回以上のイベントが開催されるまちなか広場、立体駐車場で構成されており、施設間は市道に屋根を設ける等、雨の日でも傘をささずに移動できるよう工夫されている。目標を上回る集客によって、中心市街地の活性化に大いに貢献している施設であるが、まちなか広場付近のテナントに空きが目立つことや、年間約4億7,600万円の高額な指定管理料等、費用対効果の面でも課題はないとはいえない。視察当日は、学生の夏休み時期ということもあったが、中高生や幼児といった子どもや若者が多く集っていた。また、図書館がそれぞれの事情で学校に通学することができなくなった子どもたちの居場所になっているとの説明を受け、子どもたちの居場所のひとつとして、本市でいうフリースクールのような役割を果たしている点でも大きな意味があると考え提言等に繋げていきたい。
 

宮崎県都城市宮崎県都城市宮崎県都城市宮崎県都城市宮崎県都城市

視察報告 – 鹿児島県志布志市 –

令和元年8月7日
鹿児島県志布志市へ

 
市民生活において、欠くことが出来ないごみ処理施設。本市も循環型社会の形成という基本的な方向性のもと、新しい焼却等処理施設の整備計画の策定等を行う段階であり、今回は焼却施設がない志布志市の環境政策を学び、ごみの減量化やリサイクル等について、改めて提言等に繋げていく所存です。
 

(目的)

 
ごみ焼却施設はないが住民と行政の協力のもと、埋立ごみの大幅削減によるごみ処理費用の削減に成功している先進事例を学び見識を広め、本市の新しい清掃センターの策定、建設に向けた提言に繋げたい。
 

(内容)

 
・志布志市の環境政策について
・紙おむつの再資源化の取組状況について
・スプレー缶の穴あけ不用回収の取組状況について
・マイロードクリーン大作戦について
 

(成果・市の事務等と関連等)

 
「ものを大切に 人を大切に」というスローガンを掲げる志布志市の環境政策では、「出すごみに責任を持つ」という観点からごみ袋には名前を記入することに加え、生ごみは各ステーションにあるバケツに入れ、生ごみから堆肥を作り、できた堆肥をひまわり畑に散布してひまわり油を搾油する循環型社会の形成を確立している。そのような取組の成果として、本来であれば平成16年度で一杯になる予定だった処分場の30年以上の延命に成功している。また、マイロードクリーン大作戦では、共生・協働・自立の観点から、道路等のごみ拾いを定期的に行っている。1年後の本格運用を目指す「紙おむつリサイクル事業」では、約2億円のオゾン処理設備の導入により、使用後の紙おむつから再生パルプ取り出し、新たな紙おむつに再生することにユニ・チャーム(株)の協力のもと成功している。ごみ焼却施設なしで、ごみを分別して埋立ごみを減らす共生協働の取組である「志布志市モデル」は、オセアニア諸国を中心に海外でも、ごみの削減や資源化促進等において大いに活かされているようであるが、本市のように焼却施設のあるごみ処理施設においても、資源化等によるごみのリサイクルや、ごみを減らす取組は参考になり、今後の提言等に繋げていきたい。
 

鹿児島県志布志市鹿児島県志布志市

視察報告 – 青森県青森市 –

平成30年10月16日
青森県青森市へ

 
公共施設の運営を市が指定した民間事業者も含む法人・団体に行わせる制度が指定管理者制度である。本市においても、公共施設を運営する指定管理者が契約期間の途中で運営を断念する事例等も発生しており、今後の指定管理者制度には、より慎重な対応が求められている。今回、青森市にお邪魔して指定管理制度の現状と課題等について学ばせていただき、今度の提言等の活動に繋げていきたいと考えている。
 

(目的)

 
本市が新たに整備して、今年度に建築実施設計予算が計上されたムゼウム4棟復元については、供用開始後の運営は指定管理者制度の活用を検討している。学習旅行等の受け入れを視野に入れた展示や教育普及を目的とする施設であるムゼウムと同じ教育施設という位置づけの施設であり、同規模の2,000万円ほどの指定管理料で運営する青森市幸畑墓苑の指定管理者制度について学び、本市のムゼウムの新たな整備後の運営等、指定管理者制度についての提言に繋げたいと考える。
 

(内容)

 
幸畑墓苑は、地元でモヤヒルズというキャンプ場等を運営する一般社団法人青森市観光レクリエーション財団が指定管理者制度で運営している。指定管理者の職員の他に、解説ボランティアが現在19名おり、団体客等の解説業務を行っている。歴史を後世に継承する目的で建設された青森市八甲田山雪中行軍遭難資料館部分は、観覧料を徴収しており年間200万円ほどの収入を得ている。また、映画八甲田山の影響もあって年間1万人以上の観覧者が訪れているが、教育施設の特徴であるリピーターを生みづらい施設であるため、今後の安定的な観覧者確保や、解説ボランティアの高齢化といった課題も山積している。
 

(成果・市の事務等と関連等)

 
市の多くの施設が指定管理者制度で運用しているが、市民に安定的、継続的にサービスを提供するためには、指定管理者の選定等しっかり検討しなければならない。特に今回視察した施設や、これから建設が予定されているムゼウム4棟等、一定額の指定管理料が必要になる教育施設や貸館業務といった利益を生みにくい施設の運営については、より慎重に考えていかなければならない。本市は他市町に比べてハコモノが多いという数値結果が出ているが、そのことで毎年多くの指定管理料が今後も必要にある。指定管理者制度においては本市の後世に負債を残さないよう会派として提言を行っていきたいと考える。
 

兵庫県豊岡市兵庫県豊岡市兵庫県豊岡市

視察報告 – 兵庫県豊岡市 –

平成30年10月16日
兵庫県豊岡市へ

 
「敦賀の地元企業と共に、敦賀に活力を」をスローガンに掲げ活動されている敦賀活性化支援協議会様の視察に同行して、豊岡市が民間企業と設立した「観光まちづくり組織」である豊岡DMO・一般社団法人・豊岡イノベーション、および、あらゆる材質・寸法・形状の高品質・高機能のバネを、1個からでも顧客の要望に応じてフルオーダーメイドの完全受注生産で作り続けているバネ専業のメーカーさんで、驚異の 「連続黒字」 を達成していることでも知られている、東海バネ工業様の本社工場を訪問して現地視察と研修を行いました。
 

(目的)

 
現在、敦賀市をはじめ多くの市町において、観光戦略の新たな取り組みの一貫としてDMOの設立を検討している。城崎温泉を中心に外国人観光客が急激に増加しているなか、観光の新たな機能を持つ組織 「豊岡版DMO」 を設立して、観光による地域の活性化を進める取り組みにおいて一定の成果を上げている、豊岡市の現状と課題を学び、敦賀市版DMO導入について研究するため。
 

(内容)

 
日本版DMOは、地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人です。
 
このため、日本版DMOが必ず実施する基礎的な役割・機能(観光地域マーケティング・マネジメント)としては、
 

  1. 日本版DMOを中心として観光地域づくりを行うことについての多様な関係者の合意形成
  2. 各種データ等の継続的な収集・分析、データに基づく明確なコンセプトに基づいた戦略(ブランディング)の策定、KPIの設定・PDCAサイクルの確立
  3.  関係者が実施する観光関連事業と戦略の整合性に関する調整・仕組み作り、プロモーション

 

が挙げられます。
 
また、地域の官民の関係者との効果的な役割分担をした上で、例えば、着地型旅行商品の造成・販売やランドオペレーター業務の実施など地域の実情に応じて、日本版DMOが観光地域づくりの一主体として個別事業を実施することも考えられます。
 
– – – – – – 観光庁 観光地域振興部 DMO支援室より引用 – – – – – –
 

(成果・市の事務等と関連等)

 
敦賀市においても、DM0の導入について検討する時期にきているのでしょうが、観光協会等の他団体との住み分けや、費用対効果等、まだまだ検討課題は多くあると考えています。今後も、多くのDMOの事例を参考にして研究を行い、敦賀版DMOの導入に向けた提言を行っていきたいと考えます。
 東海バネ工業様の視察においては、昨年度まで33年間にわたり社長を続けてこられた方のご講話には大変重みがありました。特に 「理念の共有」 の大切さについては心に響きました。
 「どれだけ素晴らしい理念を掲げても共有できていないと意味がない」、「理念は共有できるまで伝え続けること」 といった一見あたりまえのような考え方は、組織にとってはとても大切なことであると言っておられたのを聞いて、私自身11期にわたり会社を経営していた時も、よく社員の皆様に対して事あるごとに私の考え方や理念を語っていたことを思い出し、今は市議会議員という立場で、市政報告会の場等で理念を語っていきたいと改めて感じたお話でありました。

 

兵庫県豊岡市兵庫県豊岡市兵庫県豊岡市兵庫県豊岡市

視察報告 – 富山県富山市 -(消防)

平成30年8月1日
富山県富山市へ「富山県広域消防防災センターについて」

 

(目的)

 
富山県広域消防防災センター内にある体験型学習施設・四季防災館を訪れ、地震体験や火災体験等を通して、災害や火災の恐ろしさを再認識すると共に、より一層防災意識を高めることを目的としています。また、消防議員として、災害や火災の恐ろしさをしっかり学び、市民、町民に防災意識を高めてもらえるようなアナウンスも必要であると考えます。
 

(内容)

 
はじめに幅7,7メートルの大型スクリーンで、津波を体感し、津波の発生メカニズムを映像で学び、津波がどのように発生するのかを通して、津波がどのような場所でも起こり得ることを理解しました。次に地震の揺れを3次元に動く震動装置で再現する地震体験では、阪神大震災や東日本大震災、熊本地震等の揺れを体験して、それぞれの地震で揺れ方が全く違うことに加え地震の恐ろしさを再確認できました。最後は、ホテルでの火災発生を想定し、煙のなかを避難する体験をしました。ホテルでの宿泊時には避難経路をまず確認する等、外出時の防災意識も必要であることを理解しました。災害はいつ発生するか分かりませんが、災害発生時に、どのように避難すればいいのか、どのように自分の身を守るのか等、防災意識を高める学びの多い研修でした。四季防災館は、災害を四季という自然サイクルのなかで捉え、克服に向けた先人たちの努力を学ぶことができる素晴らしい施設です。是非、子どもたちを中心に多くの市民、町民にも訪れてもらい、防災意識を高め、災害や火災について学んでもらいたいと思います。
 

山形県酒田市山形県酒田市山形県酒田市山形県酒田市

視察報告 – 新潟県糸魚川市 -(消防)

平成30年7月31日
新潟県糸魚川市へ「糸魚川市駅北大火について」

 

(目的)

 
糸魚川市駅北大火とは、新潟県糸魚川市において2016年12月22日昼前に発生し、翌日の夕方の鎮火まで約30時間続いた火災です。焼損範囲は、同市大町および本町の一帯、すなわち糸魚川駅北側から日本海沿岸まで南北方向に大きく拡がっています。この大火の発生状況や避難勧告等の発令状況、消火体制および大火後の防火対策等を学ぶと共に、両消防組織の情報交換を行うことで、消防体制や防火意識のより一層の強化を目的として視察を行いました。
 

(内容)

 
敦賀美方消防組合議会の行政視察で、新潟県糸魚川市役所を訪れ、調査事項、糸魚川市駅北大火について、大火の発生状況や避難勧告等の発令状況、消火時の体制および大火後の防火対策等、2時間に渡り糸魚川市の消防課長から説明を受けました。その後、大火のあった現地を視察しました。
糸魚川市は、人口に占める消防団員の割合が2,3パーセントでとても高いのですが、私たち敦賀市と同じ団員の高齢化に頭を悩めているとのことでした。その対策の一つとして、また大火の伝承を目的として、大火後に子ども消防隊を組織しています。防火意識の醸成や、消防職団員のなり手確保の面において、子どもの頃から消防に慣れ親しむことは、とても意味があると思います。私自身、金沢市の消防団で子ども梯子演技や、年末警戒に子どもたちが活躍する姿を見てきました。敦賀市においても、子ども消防隊を組織して活動をしています。消防の益々の発展のために、今回の視察で学んだことを活かして、しっかり消防議員として取り組んでいく所存です。
 

新潟県糸魚川市新潟県糸魚川市新潟県糸魚川市新潟県糸魚川市

視察報告 – 山形県酒田市 –

平成30年7月5日
山形県酒田市へ「日本遺産、北前船寄港地・船主集落事業について」

 

(目的)

 
敦賀市議会・常任委員会の行政視察で山形県酒田市へお邪魔しました。視察項目は、「大型クルーズ客船寄港について」と「日本遺産、北前船寄港地・船主集落事業について」であります。北前船寄港地・船主集落の日本遺産については、酒田市をはじめ敦賀市も認定を受けています。
 

(内容)

 
私がアドバイザーを務める障がい者就労支援施設では、昆布の加工品を日本遺産のシールを貼って出荷させていただいていることもあって、以前より酒田市の取り組みについてとても興味がありました。酒田市は、観光の課題として、知名度の低さや、既存観光施設が観光客ニーズと乖離している点、関係機関の連携不足等を挙げておられます。
観光の課題解決に向けて、酒田市は「広めよう!酒田自慢 増やそう!酒田ファン」をキャッチフレーズに、酒田市の歴史・伝統、食文化、自然景観等の既存のものを生かして、観光に力を入れておられ、その酒田自慢の柱となるのが、日本遺産とジオパークとのことでした。
今回の学びを生かして、また、今関わっている障がい者就労支援施設での昆布事業を通して、日本遺産「北前船寄港地・船主集落事業」が大いに盛り上がり、敦賀市の発展にもつながるよう私も取り組んでいきたいと考えています。
 

視察報告 – 新潟県新潟市 –

平成30年7月4日
新潟県新潟市へ「新潟市西蒲原土地改良区の取組みについて」

 

(目的)

 
大規模農業への転換や営農基盤強化を推進するため福井県は今年度、敦賀西部地区を「県営経営体育成基盤事業」に採択し、同地区の約150ヘクタールで農地の大区画や用排水路等の整備に乗り出すことを受け、敦賀市議会・産経建設常任委員会の行政視察で、「フォアス自動給排水について」新潟市西蒲原土地改良区での座学と現地視察をさせていただきました。現地視察では、新潟市の農業の規模、平野の規模の広大さに驚きました。
 

(内容)

 
フォアスは、排水と給水を両立した水位制御システムで、地下にパイプを通し水を送るので地下水位を調整でき、水稲と、大豆や麦、野菜栽培等の水田と田畑の切り替えがスムーズにできます。また、地下水を制御することで、高品質の野菜栽培も可能になるようです。かなり高額な事業になりますが、予算のほとんどが国や県の補助金で賄うことができ、今後敦賀市で導入しても、市の負担は決して多くはないと思われます。
農業に関しては、議員にならせていただいてから勉強しましたが、農業は、敦賀市にとっても必要な事業でありますので、私も推進していきたいと思っています。また、このような地下水位制御システムの導入等によって、農家の負担が軽減されることを願っています。
 

視察報告 - 新潟県新潟市 -視察報告 - 新潟県新潟市 -視察報告 - 新潟県新潟市 -視察報告 - 新潟県新潟市 -

視察報告 – 群馬県安中市 –

平成30年7月3日
群馬県安中市へ「碓氷峠鉄道文化むらと周辺整備について」

 

(目的)

 
北陸新幹線敦賀開業に伴い金ヶ崎周辺整備構想の実現に向けて、敦賀にゆかりのある鉄道車両を購入した「鉄道遺産活用事業費」が今年度事業化されました。金ヶ崎周辺は、敦賀市の観光拠点として重要なエリアであり、今後の鉄道遺産等の活用を進める敦賀市の参考とするため、敦賀市議会・産経建設常任委員会の行政視察で、群馬県安中市へお邪魔して「碓氷峠鉄道文化むらと周辺整備」について座学と現地視察を行いました。
 

(内容)

 
「見て、触れて、体験できる峠と鉄道の歴史」をコンセプトにした「碓氷峠鉄道文化むら」は定休日にも関わらず、私たちの視察に対応していただきまして本当にありがとうございました。
多くの車両の管理費用等もあるようですが、何とか指定管理料の市の負担はなく、収支は今のところ多少の黒字で決算ができているようです。しかし、車両等を整備する技術者の後継者問題等のソフト面や、開業20年をむかえ整備費用等のハード面の負担の大幅な増加が課題になりそうです。今後敦賀市で行う金ケ崎地区周辺整備においても、SLや転車台等、鉄道関連の充実も考えていかなければならないため、今回の行政視察はとても勉強になりました。
敦賀市だけでなく、これからの日本では、技術職も含め、あらゆる産業の後継者不足、人手不足が懸念されています。そのことに対する対策も、今後議員として、しっかり考えていかなければならないと思っています。
 

視察報告 - 群馬県安中市 -視察報告 - 群馬県安中市 -視察報告 - 群馬県安中市 -視察報告 - 群馬県安中市 -

« 古い記事

豊田耕一ブログ 豊田耕一facebook