視察報告 – 熊本県八代市 –

令和元年8月8日
熊本県八代市へ

 
高齢化が進む本市では、市民のための公共交通は今後益々重要になってきます。交通不便地域から病院等へ向かうため、市民の方々がタクシーを利用している現状を鑑み、乗合タクシーで代用できないか等、市民の皆様のための持続可能な公共交通に向けて、これからも提言等を行っていきたい所存です。
 

(目的)

 
運転免許自主返納や過疎地の交通手段として、乗合タクシーの可能性を模索するとともに、次期のバス再編に向けた提言を行うため先進事例に学び、提言に繋げたい。
 

(内容)

 
・市の公共交通の課題および課題解決に向けた取組について
・地域公共交通再編実施計画の認定について
・乗合タクシーの概要、免許返納者割引について
・コミュニティバスの運行状況および課題について
 

(成果・市の事務等と関連等)

 
路線バスの利用者数の減少により、平成18年度に1億3千万円だった公共交通に係る財政負担が年間2億円を超えたことを受け、平成29年10月の再編が実施された。路線バスの運賃(200円)、乗合タクシーの運賃(150円)の上限均一運賃を設定。路線バスの一部路線を乗合タクシーへ移行する等、運行効率化を図るとともに、交通不便地域の解消に努めたが、財政負担は増加する一方で、利用者の移動ニーズとの食い違いによる利便性の阻害や利用の低迷等、路線バスに関する問題点の解消も実現していない。また、乗合タクシーにおいては、予約運行路線の設定便数が非常に多いにも関わらず利用者が少なく、実際に運行される便数も少ない路線が存在する等、本市のデマンド交通と共通する課題を確認できた。平成17年の合併により市の全面積の約70%が山間地であり、人口集積地域がある一方、山間地は集落が点在しており、八代市の地域公共交通の取組の難しさを学ぶことによって、本市の公共交通の再編時に向けた提言や、乗合タクシー導入可能性を模索できないか、または、タクシーの補助等を行った方が財政負担は少なくて済むのか等を検討するにあたり、とても参考になる地域公共交通の取組であった。
 

熊本県八代市熊本県八代市

豊田耕一ブログ 豊田耕一facebook