視察報告 – 富山県富山市 -(消防)

平成30年8月1日
富山県富山市へ「富山県広域消防防災センターについて」

 

(目的)

 
富山県広域消防防災センター内にある体験型学習施設・四季防災館を訪れ、地震体験や火災体験等を通して、災害や火災の恐ろしさを再認識すると共に、より一層防災意識を高めることを目的としています。また、消防議員として、災害や火災の恐ろしさをしっかり学び、市民、町民に防災意識を高めてもらえるようなアナウンスも必要であると考えます。
 

(内容)

 
はじめに幅7,7メートルの大型スクリーンで、津波を体感し、津波の発生メカニズムを映像で学び、津波がどのように発生するのかを通して、津波がどのような場所でも起こり得ることを理解しました。次に地震の揺れを3次元に動く震動装置で再現する地震体験では、阪神大震災や東日本大震災、熊本地震等の揺れを体験して、それぞれの地震で揺れ方が全く違うことに加え地震の恐ろしさを再確認できました。最後は、ホテルでの火災発生を想定し、煙のなかを避難する体験をしました。ホテルでの宿泊時には避難経路をまず確認する等、外出時の防災意識も必要であることを理解しました。災害はいつ発生するか分かりませんが、災害発生時に、どのように避難すればいいのか、どのように自分の身を守るのか等、防災意識を高める学びの多い研修でした。四季防災館は、災害を四季という自然サイクルのなかで捉え、克服に向けた先人たちの努力を学ぶことができる素晴らしい施設です。是非、子どもたちを中心に多くの市民、町民にも訪れてもらい、防災意識を高め、災害や火災について学んでもらいたいと思います。
 

山形県酒田市山形県酒田市山形県酒田市山形県酒田市

豊田耕一ブログ 豊田耕一facebook