視察報告 – 新潟県新潟市 –

平成30年7月4日
新潟県新潟市へ「新潟市西蒲原土地改良区の取組みについて」

 

(目的)

 
大規模農業への転換や営農基盤強化を推進するため福井県は今年度、敦賀西部地区を「県営経営体育成基盤事業」に採択し、同地区の約150ヘクタールで農地の大区画や用排水路等の整備に乗り出すことを受け、敦賀市議会・産経建設常任委員会の行政視察で、「フォアス自動給排水について」新潟市西蒲原土地改良区での座学と現地視察をさせていただきました。現地視察では、新潟市の農業の規模、平野の規模の広大さに驚きました。
 

(内容)

 
フォアスは、排水と給水を両立した水位制御システムで、地下にパイプを通し水を送るので地下水位を調整でき、水稲と、大豆や麦、野菜栽培等の水田と田畑の切り替えがスムーズにできます。また、地下水を制御することで、高品質の野菜栽培も可能になるようです。かなり高額な事業になりますが、予算のほとんどが国や県の補助金で賄うことができ、今後敦賀市で導入しても、市の負担は決して多くはないと思われます。
農業に関しては、議員にならせていただいてから勉強しましたが、農業は、敦賀市にとっても必要な事業でありますので、私も推進していきたいと思っています。また、このような地下水位制御システムの導入等によって、農家の負担が軽減されることを願っています。
 

視察報告 - 新潟県新潟市 -視察報告 - 新潟県新潟市 -視察報告 - 新潟県新潟市 -視察報告 - 新潟県新潟市 -

豊田耕一ブログ 豊田耕一facebook